エンタメと私 退屈な日常にドラマを 

エンタメの新しい発見。それはドラマ

エンタメと私 退屈な日常にドラマを 
エンタメには様々な種類があります。
音楽、映画、アニメ、ドラマなど数えあげればきりがありません。これらのエンタメなかで私は高校生まで音楽とアニメしか知らないような人間でした。
しかし、テレビドラマの素晴らしさに気づくことが出来ました。

そのきっかけはもちろんテレビドラマを見たことです。

そのきっかけとなった作品を紹介します。
主人公は大手広告代理店に勤める冴えない男性です。

日頃は眼鏡をかけていて、いわゆる窓際族として社員一同からバカにされています。
しかし、彼には秘密があります。
それは会長直属の秘密の特命を受ける人間ということです。

彼は会長から特命を受けると、ときには探偵のような仕事をこなして、ときには女性に接近して、と様々な手段で問題を解決しようとします。
問題の多くには社会悪の存在があります。
これらの人間は本当に狡猾で見事な悪を演じてくれています。
それを最後は特命を受けた彼が打ち倒すのです。

最後に悪を打ち倒すと見ていて気持ちがいいです。

見どころは主人公の昼の顔と夜の顔の違いです。

そのギャップが面白いです。

そして、夜の主人公は無敵です。

どんな女性も彼の虜になってしまいます。
その姿がときに羨ましく、今時こんな描写はありえないでしょ、と突っ込みたくなります。
また、ストーリーも基本的には単純でありながら、現代社会の暗部をえぐり出していて魅了されてしまいます。
このドラマを見てから私は過去のドラマも沢山みるようになりました。

PICK UP! サイト情報